coin23’s diary

アンティーク大型金貨を紹介します。

アンテークコインの探訪記です

ドイツ バーデン1714年(1955年)ルードヴィヒ.ヴィルヘルム ゴールドメダル

f:id:coin23:20171218000522j:plain

直径50mm 重さ70,60gの大型のゴールドメダルです。

ルードヴィヒ.ヴィルヘルムは1655年にバーデン家の一人息子として生まれ

数々の戦で勝ち、常に赤いマントを着ていたのでトルコ人ルードヴィヒと呼ばれていました。

このころのオスマントルコ神聖ローマ帝国の牙城、ウイーンを攻めヨーロッパの

覇権を握ろうとしていました。世にいう大トルコ戦争であります。

これに対し神聖ローマ帝国の司令官として勝利しました。

スペイン継承戦争ほかでも戦いに明け暮れ、帝国の盾と呼ばれた人です。

その彼の生誕300年とスペイン継承戦争の調印が行われたらシュタット城が描かれています。

入荷しましたら写真をアップいたします。

http://www.premiumgoldcoin.com

金貨やアンティークコインの購入は【プレミアムゴールドコイン】

フランス1865年Aナポレオン3世100フラン金貨PCGS MS64

f:id:coin23:20171216215909j:plain

フランスの金貨を紹介するのは珍しいのですが、今日はナポレオン3世金貨

ナポレオン3世の100フラン金貨はローリエをつけてないものが1855年〜1860年

つけたものが1861年〜1869年の間に発行されています。

それぞれにパリで鋳造されたもの、ストラスブールで鋳造されたものがあります。

この1865年パリミントは発行数がわずか1,517枚しかありません。

パリミントの中でも一番発行数の少ない年度です。

かてて加えて、MS64という、トップノッチの素晴らしいグレード。

残存数わずか2枚です。

ナポレオン金貨は状態の良くないものが多く、また発行数が多いために

少し蚊帳の外に置かれている感じがしないでもありません。

ただ、時折MS64あたりが出てくると、俄然入札がヒートアップします。

PCGSのプライスガイドはこの個体で19,000ドルとなっています。

入札間近のオークションに出ていますので、どうしようか迷っているところです。

http://www.premiumgoldcoin.com

金貨やアンティークコインの購入は【プレミアムゴールドコイン】

マン島1990年ペニーブラック150年記念5オンス金貨

f:id:coin23:20171215230335j:plain

世界最初の郵便切手は1840年イギリスおいて発行されました。

それがこのヴィクトリア女王を描いた1ペニーの切手です。

f:id:coin23:20171215230421j:plain

この切手自身もかなり高価で取引されているようですが

その世界初の切手発行から150年がたった、1990年にイギリス領マン島から

このデザインの金貨が発行されています。

これは 5クラウンで額面が一番大きく、重さも5オンス(160g弱)あります。

発行枚数は199枚。(実際は99枚)

お客様のご注文で一度探したことがあるのですが、状態の良いのがなく

また価格も高かったのでその時はご期待に添えませんでした。

今回のものはかなりいい状態のようで、1月のオークションに出ています。

http://www.premiumgoldcoin.com

金貨やアンティークコインの購入は【プレミアムゴールドコイン

 

ポーランド1621年ジグムント3世100ダカット

f:id:coin23:20171214231456j:plain

10ダカットではなくて、なんと100ダカットの記念メダルです。

重さ349.49g 直径70mm。

ヨーロッパの金貨史上、最大の100ダカットの3枚のうちの1枚です。

金のレースの飾られたドレープと鎧をつけたジグスムント3世の右向きの肖像

裏面はこれも王冠を抱いたゴールデンフリースに縁取られた外套。

この100ダカットが現れるのは2008年のオークション以来ということで

その前は1967年にオークションに出ています。

これが近来では3度目ということになりますでしょうか。

存在数はトータルでは6枚と言われています。

2008年の落札価格は 1,380,000ドル = 1億5,870万円でした。

実際には8%の消費税、他がかかりますのでもう少し上でしょうか。

今回の予想は200万ドルとなっているようです。

それでもどなたかが入手されるのは間違いありませんね。

http://www.premiumgoldcoin.com

金貨やアンティークコインの購入は【プレミアムゴールドコイン】

神聖ローマ帝国トランシルバニア1695年 レオポルト1世10ダカット金貨

f:id:coin23:20171213223221j:plain

現在、福岡市博物館においてルドルフ2世の肖像画の展示会が開かれていますが、

描かれているルドルフ2世もHog Mouthと呼ばれる、ハプスブルク家

下顎が出っ張った特徴を持っていますが、このレオポルト1世の下顎には

負けるのではないでしょうかと、不遜なことを思っている次第であります。

ルドルフ2世は1576~1612年の皇帝、それより46年後の皇帝がこのレオポルト1世。

もう滅多にお目にかかることのできない10ダカット金貨であります。

状態は6時の位置にマークがありますが、イギリスの5ギニーなどより

はるかに出てこないコインです。

http://www.premiumgoldcoin.com

金貨やアンティークコインの購入は【プレミアムゴールドコイン】

イギリス1667年チャールズ2世ブレダの平和 大型金メダル

f:id:coin23:20171209101835j:plain

イングランド王チャールズ2世の月桂冠のリースをつけた右向きの肖像です。

ネーデルランド(現オランダ)のブレダなど諸州がスペインとの80年に渡る戦争の

あと、オランダという国になり、先述したヴェストファーレン条約が結ばれた場所です。

チャールズ2世は清教徒革命でオリバークロムウェルにより大陸に逃れ

その後、この街で王政復古の宣言を行いました。

片面はイングランドの守護女神ブリタニアが岩の上に座り槍と盾を持ち、

海に浮かぶ戦艦を見ています。

このメダルは直径56.5mm 重さ126gとかなり大きく素晴らしい状態です。

http://www.premiumgoldcoin.com

金貨やアンティークコインの購入は【プレミアムゴールドコイン】

ドイツ ミュンスター1661年6ダカット金貨NGC MS61

f:id:coin23:20171208081141j:plain

350年前の素晴らしい6ダカット金貨

ミュンスターヴェストファーレン条約が結ばれた街です。

ボヘミアで勃発したプロテスタントカトリックの争いが形を変えて

フランス ブルボン家+ネーデルランド VS スペイン、オーストリアハプスブルク家

戦いになり1618年〜1648年の30年間も続いた戦争ですが、その終結の条約が

結ばれたのがこのミュンスター

そのミュンスターの上空に聖パウルが剣を携えて見守っています。

裏面はミュンスターの紋章が描いてあります。

このコインは加持将一先生のブログの中にも紹介されていて(鑑定なしですが)

大型金貨で希少、買った者勝ちだ、と書かれています。

ご紹介しているのはNGC MS61という素晴らしいグレードがついていまして

本当に買ったもの勝ちなのかもしれません。

来年1月のオークションに出品されています。

http://www.premiumgoldcoin.com

金貨やアンティークコインの購入は【プレミアムゴールドコイン】