アンテークコインの探訪記です

神聖ローマ帝国500周年記念10ダカットゴールドメダル1959年

f:id:coin23:20170813104644j:plain

神聖ローマ帝国500周年記念10ダカットゴールドメダル1959年です。

マクシミリアン1世はハプスブルク家の1493年-1519年の皇帝で

ハプスブルク家の隆盛の基礎を築いた人物です。

戦争は他家に任せておけ、幸いなオーストリアよ、汝は結婚せよ という

言葉の通りハプスブルク家の領土は結婚により拡大しましたが

マクシミリアンの時代がそれが最もうまくいった時です。

この記念10ダカットメダルはマクシミリアンの右向きの肖像と

双頭の鷲を囲む4つの紋章、その上に王冠が置かれています。

1959年の発行でその当時からは約500年近くが経っています。

直径40.0mm 重さ34.69g

金貨やアンティークコインの購入は【プレミアムゴールドコイン】へどうぞ