読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
アンテークコインの探訪記です

神聖ローマ帝国1695年レオポルド1世10ダカット金貨

f:id:coin23:20170510093957j:plain

ハプスブルク家の中興の祖ともいうべきレオポルド1世

その風貌からHOG MOUTH 猪の口などと呼ばれますが

音楽や文化を深く愛し、ウイーンを音楽の都として栄させた人でもあります。

外交的にはカール5世以降衰退していたハプスブルク家の領土を拡大

人を取り立てる能力が素晴らしく、外交、文化両面で巧みに使い

そのひとたちも厚遇され非常に強い忠誠心があったようです。

そのハプスブルク、レオポルド1世の10ダカット金貨が

オークションに出ました。

このコインはかの加持将一先生の カネはアンティークコインにぶちこめ1 の

150ページに掲載されています。

推定価格1,750万円(2015年1月)現存枚数25〜30枚 となっていますが

このコインはVorzüglichという状態なので、AUくらいのグレードでしょうか。

実際この年代の10ダカットの鑑定付きはほとんどありませんので

このままの状態でも十分通用すると思います。

http://www.premiumgoldcoin.com